頭蓋内アテローム硬化性動脈狭窄は脳卒中の重要な原因となっていることから、米国では脳梗塞再発抑制を目的として、ステント留置術(PTAS:percutaneous transluminal angioplasty and stenting)が多く行われるようになっている。しかし、無作為化臨床試験によるPTASと内科療法の比較は、これまで実施されていなかった。

SAMMPRIS試験の結果から得られる教訓を検討の画像

ログインして全文を読む