韓国・ソウル国立大学病院のByung-Woo Yoon氏は、2011年9月29日〜10月1日にスリランカ・コロンボで開催されたアジア大洋州脳卒中学会(APSC2011)で、脳出血のリスクファクターと転帰に関する最近の知見を報告し、「アジア人では、脳出血の発症頻度が高いことが知られており、治療だけでなく、発症予防や予後改善の方法を探っていくことが重要になっている」と述べた。

脳出血のリスクファクターと転帰に関する最近の知見を総括の画像

ログインして全文を読む