頸動脈狭窄症の治療におけるCAS(頸動脈ステント留置術)とCEA(頸動脈内膜剥離術)の選択については、欧米でも議論が続いている。中国・香港中文大学(Chinese University of Hong Kong)のLawrence Wong氏は、2011年9月29日〜10月1日にスリランカ・コロンボで開催されたアジア大洋州脳卒中学会(APSC2011)のシンポジウムにおいて、頸動脈狭窄症治療の世界的な状況について講演し、CASが圧倒的に多く行われている中国の状況を紹介した。

中国では頸動脈狭窄症治療でCASが圧倒的に多くの画像

ログインして全文を読む