韓国・AsanメディカルセンターJong S. Kim氏は、アジア人では、頭蓋内アテローム性動脈硬化症(ICAS;intracranial atherosclerosis)による脳卒中が多いことを指摘。特に「母動脈疾患(parental artery disease)による局所性の皮質下梗塞(SSI;single subcortical infarction)に注目すべきである」と強調した。2011年9月29日〜10月1日にスリランカ・コロンボで開催されたアジア大洋州脳卒中学会(APSC2011)のシンポジウムにおいて発表した。

アジア人でSSIPADは脳卒中の重要なサブタイプの画像

ログインして全文を読む