ホスホジエステラーゼ(PDE)3阻害薬シロスタゾールは、日本人を対象とした大規模臨床試験CSPSとCSPS-IIで脳梗塞再発抑制効果が認められ、CSPS-IIではアスピリンと比べて出血イベントが有意に少ないことも示された。三重大学医学部臨床創薬研究学教授の西川政勝氏は、京都市で開催された国際血栓止血学会(ISTH2011)で、シロスタゾールのこれまでの研究成果について概説するとともに、アジア人でシロスタゾール投与の利点は大きく、またクロピドグレル不応症対策としてシロスタゾールを含めた抗血小板薬3剤併用療法が有用である可能性を報告した。

PDE3阻害薬はアジア人で利点が大きく、抗血小板薬3剤療法は有用の画像

ログインして全文を読む