シロスタゾールは最近の臨床試験CSPS-IIで、脳梗塞再発抑制効果がアスピリンと同程度であり、脳出血はアスピリンよりも少ないことが示されたことから、同剤の使用の増加が予想される。そこで、愛媛大学医学部附属病院第一内科講師の山之内純氏らは、シロスタゾールに対する血小板反応を迅速に測定する方法の開発を行い、その結果を京都市で開催された国際血栓止血学会(ISTH2011)で報告した。

シロスタゾールに対する血小板反応は、VASP法で測定可能の画像

ログインして全文を読む