初発の頭蓋内出血(ICH)では、離れた部位に虚血病変が高頻度にみられることが最近の研究で明らかにされている。そこで、米ジョージタウン大学のRichard E Burgess氏らは、初発ICH症例においてMRI拡散強調画像(DWI)で検出される虚血病変は、長期予後(1年)の重要な予測因子であるとの研究結果を、米ロサンゼルスで開催された国際脳卒中学会(ISC2011)で報告した。

初発頭蓋内出血においてMRI拡散強調画像で検出される虚血病変は長期予後の重要な予測因子の画像

ログインして全文を読む