脳アミロイドアンギオパチー(CAA)は、皮質あるいは軟髄膜の血管壁へのアミロイドβ蛋白の沈着を特徴とし、皮質あるいは皮質下の脳葉型の頭蓋内出血(ICH)や微小出血(MB)を発症することが知られている。そこで、米マサチューセッツ総合病院のMahmut E. Gurol氏らは、PETを用いて脳血管のアミロイドを検出し、脳葉型MBあるいはICHの出現を予測する方法を検討。その結果を米ロサンゼルスで開催された国際脳卒中学会(ISC2011)で報告した。

記事全文を読む