頭蓋内動脈狭窄症(IAS)に対するアスピリン+シロスタゾールとアスピリン単独の有効性と安全性を比較するCHATARSIS(Cilostazol-Aspirin Therapy Against Recurrent Stroke with Intracranial Artery Stenosis)試験が、わが国で進行中である。同研究グループの代表である東京女子医科大学神経内科教授の内山真一郎氏(写真)は、米ロサンゼルスで開催された国際脳卒中学会(ISC2011)で、CHATARSIS試験の対象症例の特徴などを報告した。

CHATARSIS試験の対象患者の特徴などを報告の画像

ログインして全文を読む