日本人脳梗塞症例を対象に、シロスタゾールとアスピリンの再発予防効果を比較検討したCSPS 2(Cilostazol Stroke Prevention Study 2)と、中国人脳梗塞症例を対象に同様の検討を行ったCASISP(Cilostazol versus Aspirin for Secondary Ischaemic Stroke Prevention)の成績を統合した解析結果が報告された。CSPS 2研究グループ代表で国家公務員共済組合連合会立川病院院長の篠原幸人氏(写真)らが、米国ロサンゼルスで開催された国際脳卒中学会(ISC2011)で発表した。

CSPS 2とCASISPの結果を統合解析しシロスタゾールの有効性と安全性を評価の画像

ログインして全文を読む