50〜74歳の若年高齢者では、メタボリックシンドロームは急性脳梗塞の危険因子であることが示された。岡山大学の太田康之氏らが10月にソウルで開催された世界脳卒中学会2010で発表した。

比較的若い高齢者、メタボリックシンドロームは急性脳梗塞の危険因子の画像

ログインして全文を読む