大動脈弓部複合粥腫病変を伴う虚血性脳血管障害の適切な再発予防策を検討した循環器病委託研究(主任研究者:国立循環器病研究センター成冨博章氏)の結果が報告された。国立病院機構九州医療センター脳血管内科科長の矢坂正弘氏が、4月に盛岡で開催された日本脳卒中学会で発表した。

ログインして全文を読む