脳内出血急性期のニカルジピン静注は、血腫の拡大因子にはならないことが示された。脳内出血に対する降圧療法について自験例を調査した結果分かったもので、兵庫県立循環器病センターの内橋義人氏が、4月に盛岡で開催された日本脳卒中学会で報告した。

ログインして全文を読む