頭蓋内アテローム硬化性閉塞疾患に対する血管内治療の進歩に注目が集まっている。そこで、2009年2月、米国 サンディエゴで開催された国際脳卒中学会(ISC2009)のConcurrent Symposiaでは、頭蓋内アテローム硬化性閉塞疾患に対する薬物療法とステント留置術の比較、バルーン血管形成術、再狭窄診断の新しい方法、ステント留置術の現状などが示された。

ログインして全文を読む