米国の3大学の共同研究チームは、1型・2型糖尿病のブタを作成して脳血管アテローム性動脈硬化症を発症させ、そこに関与している炎症メディエーターを検討した。その結果、糖尿病・高脂血症のブタ脳血管にもヒト同様のプラークと炎症メディエーターが発現していることが分かった。ヴァージニア大学のJohn T. Posenau氏が2月、米サンディエゴで開催された国際脳卒中学会(ISC2009)で報告した。

糖尿病・高脂血症のブタ脳血管にもヒト同様のプラークと炎症メディエーターが発現の画像

ログインして全文を読む