米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)とスタンフォード大学の共同研究チームは、灌流強調画像(PWI)のデータから血栓溶解療法後の転帰を予測する新しい解析法の有効性を検討した結果、血栓溶解療法後の実質血腫形成や出血の予測が可能であることが分かった。成果はUCLAのDavid S Liebeskind氏が、2月にサンディエゴで開催された国際脳卒中学会(ISC2009)で報告した。

PWIデータの新しい解析法で血栓溶解療法後の実質血腫形成や出血の予測が可能の画像

ログインして全文を読む