頭蓋内ステント留置術後のステント内狭窄症の検出や追跡に、非侵襲的診断が求められている。そこで、米イリノイ大学のSepideh Amin-Hanjani氏は、定量的MRA (QMRA) による血流量測定の有用性を検討し、その結果を2009年2月にサンディエゴで開催された国際脳卒中学会(ISC2009)で報告した。

頭蓋内ステント留置術後の非侵襲的な再狭窄診断にQMRAが有用の画像

ログインして全文を読む