2009年2月、米国・サンディエゴで開催された国際脳卒中学会(ISC2009)において、脳梗塞急性期におけるインスリン静注治療の効果とリスクを検討したGlucose Regulation in Acute Stroke Patients(GRASP)試験の結果が、バージニア大学のKaren C Johnston氏によって報告され、その有効性が示唆された。

脳梗塞急性期の高血糖に対するインスリン静注治療の効果が示唆の画像

ログインして全文を読む