脳卒中の警告サインに対する認知度は37%に過ぎないことが分かった。米国の成人8万人余を対象に実施した調査で明らかになったもの。成果は、米国疾病予防管理センター(CDC)/国立慢性疾患予防センター(NCCDPHP)のJing Fang氏(写真)らが2月に米サンディエゴで開催された国際脳卒中学会(ISC2009)で報告した。

脳卒中の警告サイン、認知度は37%−−米国の成人調査の画像

ログインして全文を読む