2008年9月24日から27日まで、オーストリアのウィーンで開催された第6回世界脳卒中学会(World Stroke Congress;WSC 2008)のセッションで、脳梗塞の発症に大きくかかわっている頭蓋内動脈硬化について、さまざまな面からの検討結果が報告された。座長は、韓国 Asan医療センターのJong S. Kim氏と米国 サウスカロライナ大学のMarc Chimowitz氏が務めた。

ログインして全文を読む