2008年9月にオーストリアのウィーンで開催された第6回世界脳卒中学会(World Stroke Congress;WSC 2008)のセッションで、脳梗塞や脳動脈瘤における出血の問題が様々な角度から検討された。座長は、米国 メイヨークリニックのRobert Brown氏が務めた。

ログインして全文を読む