2008年5月、フランスのニースで開催された第17回欧州脳卒中学会(ESC2008)の「Scientific Symposium 1:News in the primary and secondary prevention of stroke」で、オランダ ユトレヒト大学教授のAle Algra氏が、これまでの無作為化大規模臨床試験(RCT)の結果との比較に基づいて、PRoFESSの成績を考察した。

PRoFESSのサブ解析結果;ジピリダモール・アスピリン併用の画像

ログインして全文を読む