ラクナ梗塞に血液脳関門(BBB)の透過性亢進が関与している可能性が示された。MRIで検討した結果、明らかになったもので、英エジンバラ大学のJoanna Wardlaw氏らが、2008年5月フランスのニースで開催された第17回欧州脳卒中学会(ESC2008)のセッション「Etiology of Stroke(脳卒中の病因)」で報告した。

ラクナ梗塞に血液脳関門の透過性亢進が関与している可能性の画像

ログインして全文を読む