2008年5月、フランスのニースで開催された第17回 欧州脳卒中学会(ESC2008)のポスターセッション「Ongoing Trials」で、椎骨動脈ステントの効果と安全性を検討するVAST (Vertebral Artery Stenting Trial)の概要が報告された。この試験は、オランダ ユトレヒト大とアントニウス病院の共同研究で、演者は同グループのA. Compter氏である(Ongoing Trials :Vertebral Artery Stenting Trial)。

VAST試験で椎骨動脈ステントの効果と安全性を検討の画像

ログインして全文を読む