2008年2月、米ニューオリンズで開催された国際脳卒中学会(ISC2008)のConcurrent Symposiaでは、脳卒中急性期における新しい治療の研究開発状況をテーマに、E‐セレクチン、プラスミン、活性化プロテインCの血栓溶解への応用、血管内皮細胞の修飾などについて報告が行われた。

脳卒中急性期治療の新たな展開を報告の画像

ログインして全文を読む