REACH(The Reduction Of Atherothrombosis For Continued Health)登録症例における出血に関する解析結果が米国ノースウェスタン大学のMark J. Alberts氏によって発表され、抗血小板薬・抗凝固薬の出血リスクが示されるとともに、出血症例において虚血性イベントの発症率が高いことが明らかになった。

ログインして全文を読む