わが国では、脳出血の発症頻度が極めて高いことから、抗血栓薬治療における出血性合併症の検討は大きな課題となっていた。わが国の多施設共同で、抗血栓薬治療中の出血リスクを検討するBleeding with Antithrombotic Therapy(BAT)研究を行い、その成績を国立循環器病センター内科脳血管部門の豊田一則氏が発表した(演題名:Dual Antithrombotic Therapy Doubles Life-threatening Bleeding in Patients With Cardiovascular Disease and Stroke:Prospective Multi-center Study)。

ログインして全文を読む