2007年2月、米国サンフランシスコで開催された国際脳卒中会議(International Stroke Conference 2007)のLate Breaking Scienceで、脳卒中急性期に対する新しい治療法の有効性を検討した6つの試験の成績が発表された。

ログインして全文を読む