国際脳卒中学会(ISC2012)が、2012年2月に米ニューオーリンズで開催され、血管内治療と内科療法の両面から、注目される報告が行われた。それらを日本人の脳卒中治療に、どう活かしていくべきか、学会に参加された専門家の方々にお集まりいただき、討議していただいた(日経メディカル別冊)。

日本人の脳卒中治療戦略を考えるの画像

ログインして全文を読む