CSPS IIの試験結果を受けて、今後の抗血小板療法のあり方が注目されている。そこで、リスクとベネフィットを考慮した抗血小板療法の実際について、東海大学医学部循環器内科教授の後藤信哉氏(写真)にうかがった(日経メディカル別冊)。

出血性合併症の多い日本人に適した抗血小板療法とはの画像

ログインして全文を読む