現在、脳卒中治療に関する抗血小板療法において、出血性合併症を抑制することの重要性が問われている。そこで、ベネフィットとリスクを考慮した抗血小板療法の実際について、富山大学附属病院神経内科教授の田中耕太郎氏にうかがった(日経メディカル別冊)。

日本人の死因としては悪性腫瘍がトップだが、有病率では脳卒中が1位を占めているの画像

ログインして全文を読む