第21回欧州脳卒中学会 (ESC2012) が、2012年5月22日〜25日、ポルトガルのリスボンで開催され、頸動脈ステント留置術(CAS)と頸動脈内膜剥離術(CEA)の成績を比較したICSS、脳梗塞のtPA静注療法の効果を検討したIST-3など、注目される研究成果が発表された。これらの研究成果からうかがわれる脳梗塞急性期、頸動脈狭窄症治療の新たな展開について、学会に参加した2人のエキスパートに話し合ってもらった。Part1ではICSSと、DWI/PWIミスマッチと血管内治療成績の関係を検討したDEFUSE 2について議論していただいた(日経メディカル別冊)。

ICSS、DEFUSE 2の成果が切り開く脳梗塞急性期治療の新たな展開の画像

ログインして全文を読む