脳梗塞の再発予防では抗血栓治療の有効性が認められているが、最近の研究は脳梗塞の各病型に適した治療薬を探索する方向に進んでいる。一般に心原性脳塞栓に対しては抗凝固薬、非心原性脳塞栓に対しては抗血小板薬が適応とされているが、アテローム血栓性脳梗塞とラクナ梗塞のそれぞれに対して、どのような抗血小板薬を使用すべきかについては、まだ明確な結論は得られていない。なかでも日本で発症率の高いラクナ梗塞は、易出血性、多発性であり、認知機能を低下させやすいことが指摘されており、有効な対策が求められている。そこで、北米と日本における脳梗塞研究のエキスパートに、脳梗塞の現状と対策を、ラクナ梗塞を中心に討論していただ

日本と北米におけるラクナ梗塞の現状と対策の画像

ログインして全文を読む