脳卒中慢性期の治療においては、再発予防とともに誤嚥性肺炎の予防も非常に重要な課題である。誤嚥性肺炎は、脳卒中後の日常生活に支障をきたし、予後悪化要因の1つでもある。そこで本座談会では、誤嚥性肺炎の予防を積極的に行っている専門医にお集まりいただき、脳梗塞慢性期における誤嚥性肺炎の疫学と予防の実際についてお話をうかがった(日経メディカル別冊)。

脳梗塞慢性期における誤嚥性肺炎の対策の画像

ログインして全文を読む