近年、アテローム血栓性脳梗塞の治療が重要性を増している。そこで、アテローム血栓性脳梗塞と、その原因の1つである頸動脈狭窄症の治療について、広島県呉市の脳卒中診療を第一線で担われている先生方に話し合っていただいた(日経メディカル別冊)。

地域完結型脳卒中診療体制が構築されつつある呉市の画像

ログインして全文を読む