2010年2月の国際脳卒中学会において、日本人脳梗塞患者を対象にした大規模臨床試験CSPS IIの結果が発表された。脳卒中の発症には人種差があると指摘されていることから、日本人を対象とした臨床試験が行われたことは意義深い。そこで、東京都内の3つの大学病院の医師にお集まりいただき、各施設の脳卒中治療の現状や、CSPS IIの臨床活用をめぐって討論していただいた(日経メディカル別冊)。

日本人の脳梗塞治療に新たなエビデンスの画像

ログインして全文を読む