近年、頸動脈狭窄症や頭蓋内動脈狭窄症に対する積極的な治療が注目されている。そこで、頸動脈狭窄症に対する治療の実際、すなわちCAS(頸動脈ステント留置術)、CEA (頸動脈内膜剥離術)、薬物療法の選択、さらには頭蓋内動脈狭窄症に対する治療の現状についてご討論いただいた。ご出席者は北海道の各地域で頸動脈狭窄症や脳卒中治療を積極的に行っているエキスパートの先生方である(日経メディカル別冊)。

アテローム血栓症予防としての頸動脈狭窄症、頭蓋内動脈狭窄症の治療の画像

ログインして全文を読む