近年、脳卒中治療にはt-PA治療や血管内治療など、新しい治療法が導入されている。しかし、一方で急性期治療を担う施設と慢性期治療を担うプライマリ・ケア医や回復期リハビリ病院との連携が課題となっている。そこで、埼玉県東部地区における脳卒中治療の中核病院である獨協医科大学越谷病院脳神経外科教授の兵頭明夫氏と同准教授の鈴木謙介氏に、脳卒中治療の現状と地域連携における課題についてお話しいただいた。司会は、埼玉医科大学国際医療センター神経内科教授の棚橋紀夫氏である(日経メディカル別冊)。

脳卒中治療の現状とその課題―地域医療を踏まえて―の画像

ログインして全文を読む