脳梗塞の治療では、t-PA治療に代表される急性期治療と、回復期から維持期への連携が課題になっている。この座談会では、こうした現状を踏まえて、脳梗塞の急性期治療、医療連携、慢性期の管理、さらに脳梗塞後の認知障害・嚥下障害に関する基礎研究の成果などについて話し合っていただいた(日経メディカル別冊)。

脳梗塞の急性期治療、医療連携、慢性期管理のポイントの画像

ログインして全文を読む