奈良県立医科大学附属病院は、奈良県で数少ない脳卒中の専門科を有する病院として急性期医療を担うと同時に、研究・教育機関としても地域で重要な役割を果たしている。また、地域全体で脳卒中患者を診ていこうとする地域医療連携システムの構築にも積極的に取り組んでいる。本座談会では、奈良県立医科大学脳神経外科を中心に、脳卒中治療の第一線にある先生方にお集まりいただき、脳卒中に対する取り組みや研究結果をご紹介いただいた(日経メディカル別冊)。

脳卒中における急性期治療と慢性期治療の実際の画像

ログインして全文を読む