アテローム血栓性脳梗塞の機序と病態は多様であり、急性期では、いくつかの画像診断を組み合わせて病型を的確に診断することが求められる。また、動脈硬化を基盤としたアテローム血栓症は、脳血管だけでなく、冠動脈、末梢血管にも発症することが知られており、慢性期の再発予防においては全身の管理が重要となる。そこで、急性期の診断と治療、慢性期の再発予防治療の実際についてご討論いただいた(日経メディカル別冊)。

アテローム血栓性脳梗塞の再発予防には全身の管理が必要の画像

ログインして全文を読む