近年、血管内治療は冠動脈だけでなく、頸動脈や末梢動脈でも盛んに行われるようになった。血管内治療では、抗血小板療法が非常に重要な役割を担っており、その方法をめぐって多くの研究が行われている。そこで、血管内治療後の再狭窄や、最近注目されている抗血小板薬不応症(抵抗性)に対する対策について、最近の知見を交えてご意見をうかがった(日経メディカル別冊)。

抗血小板薬不応症に対する対策の画像

ログインして全文を読む