アテローム血栓性脳梗塞のハイリスク因子である頭蓋内動脈狭窄に対しては、PTA(経皮的血管形成術)やステント留置術などの外科的アプローチ、抗血小板薬などを使った内科的アプローチがある。本座談会では、各施設での頭蓋内動脈狭窄に対する治療の現状や問題点について、討論していただいた(日経メディカル別冊)。

高リスクとしての頭蓋内動脈狭窄への対応の画像

ログインして全文を読む