脳梗塞の再発予防において、抗血小板療法の有用性は既に確立されているが、治療を強化すると出血性合併症が増加するというジレンマを抱えており、その回避が重要な課題となっている。また、脳梗塞の発症を防ぐために、頸動脈狭窄症や進行性脳梗塞に対してどのような治療をすべきかについても、まだ議論は多い。そこで、これらの課題について具体的な症例をご紹介いただきながら、ご討論いただいた(日経メディカル別冊)。

脳梗塞における抗血小板療法と出血性合併症のジレンマの画像

ログインして全文を読む