近年、脳梗塞は増加の一途をたどり、脳卒中全体の75%を占めるまでになっている。また動脈硬化性疾患の増加に伴い、脳梗塞の病態もラクナ梗塞からアテローム血栓性脳梗塞やBADへと疾病構造に変化がみられ、さらに頭蓋内動脈や頸動脈の狭窄が問題視されている。そこで、このような病態に対する治療戦略について、ご討論いただいた(日経メディカル別冊)。

抗動脈硬化や血管壁・血流に対しても効果の薬剤が重要にの画像

ログインして全文を読む