近年、脳卒中に占めるアテローム血栓性脳梗塞の比重が大きくなっており、その治療戦略は重要な課題となっている。ここでは、福井県におけるアテローム血栓性脳梗塞の現状、診断、治療の実際と展望について、最近の研究報告を踏まえて、討論をお願いした(日経メディカル別冊)。

急性期治療からリハビリまでを含めた連携が重要の画像

ログインして全文を読む