脳梗塞患者の増加は、地域医療の大きな課題となっている。中でも、動脈硬化に由来するアテローム性脳梗塞が大きな比重を占めるようになっており、その治療が課題となる。本座談会では、千葉県における脳梗塞治療の実際と問題点について討論をお願いした(日経メディカル別冊)。

急性期、回復期、地域生活期が循環できるシステムをの画像

ログインして全文を読む