生活習慣の欧米化に伴い増加した頸動脈狭窄症に対する新たな治療法として、CAS(頸動脈ステント留置術)が保険適用され1年以上が経つ。そこで、CAS治療の実際と問題点、今後の課題について、日本脳神経血管内治療学会指導医である立川綜合病院循環器・脳血管センター副所長/脳神経外科主任医長の阿部博史氏(写真)に解説をお願いした(日経メディカル別冊)。

CASは各診療科が密接に協力しながら行う姿勢が大切の画像

ログインして全文を読む