2008年4月、わが国においても頸動脈ステント留置術(CAS)が、ようやく保険承認された。しかし、今後2年間は、使用成績調査期間でもあり、周術期、中・長期成績を向上させ、より安全で、確実な手技として確立させる必要がある。そこで、CASの実際と問題点、今後の展望について、愛媛大学医学部脳神経外科(2009年4月1日より愛媛県立中央病院勤務)の福本真也氏(写真)に解説をお願いした。

CHSの発症はある程度予測できるの画像

ログインして全文を読む