置換術で留置した大動脈生体弁の機能不全に対する低侵襲治療としてTAVVI(経カテーテル大動脈バルブ・イン・バルブ植え込み術)が施行されている。今回初めて包括的に1年全生存率を調査したところ、83.2%だった。1年以内の死亡と関連する因子は小径の生体弁、TAVVI前の弁狭窄であることも判明した。この結果は、JAMA誌7月9日号に掲載された。

生体弁不全に対するバルブ・イン・バルブ処置後の1年全生存率は80%以上の画像

ログインして全文を読む